結婚したら二宮に住もう!

移住家族の声vol.15「大きな木の横の心地よさがきっかけでした」

移住家族の声vol.15「大きな木の横の心地よさがきっかけでした」

画像の説明

二宮に来る前は、平塚の古民家でシェアハウスと大広間や広いウッドデッキを使ったお稽古事のイベントなどをしていました。少しずつ来てくれる方も増えてきて、これから!という時に古民家の大家さんの事情で家を出なければいけなくなりまして、西へ東へまずは住む場所を探していたんです。

そんな時、たまたま見つけたのが二宮の南口の栄通り商店街にある今の私たちのお店=旅花コーヒーの店舗物件。
住む場所を探していたハズが、大きな木の横の心地よい空間のお店を見つけて、ここなら今までやっていたお稽古事とコーヒー屋にしたら楽しいかも!?とお店の方を先に決めてしまったのです。

画像の説明

決め手となったのは初めて行ったときに斜向かいの八百万さんにお店の話や街の話を色々と親切に教えていただいて、とても感触がよかったこと。そのおかげもあってか、不動産屋さん経由で大家さんに話がいったときもスムーズに行きました。本当にご縁だと思って感謝しています。その後せっかくお店をするなら同じ街に住みたい!ということで家も二宮の古民家へ引っ越してきました。不動産屋さんの大きなバックアップがあったことは言うまでもありません。

もちろん、初めての街でお店を始めるに当たって、よそ者は寄せつけないのではないか?人間関係は難しいのではないか??と不安もありました。それでも私たちは、お店を始めるまでにDIYでコツコツ内装工事をするうちに、毎日のように商店街の方々にお声がけやご協力、激励をいただいきました。年配でもサバサバした方も多く、本当に温かく見守っていただいているなぁ。と実感する毎日です。

二宮は何もないよ。という方も多いです。分かりやすい箱モノは少ないかもしれないけど、優しくて穏やかで寛容な人たちがいます。通るたびに元気な笑顔で挨拶をしてくれる子供たちがいます。道を譲り合う車や人を多く見ます。もちろん、素晴らしい景色の吾妻山も海も山もあります。夜には沢山の星が見えます。人口が少ない分、街が近く感じます。横浜や東京にも通勤できるし、箱根や丹沢にもすぐに行くことができる、そんな二宮で、便利さと豊かさは別のところになるんだなぁ。と思える贅沢を日々味わっています。

私たちのコーヒー屋は、今は、彼が植木屋を、私も他の仕事もありながら営んでいます。平日は朝と夕方だけ。そんなお店も他の大きい街だったらたちまち立ちゆかなくなるかもしれません。それでも、二宮に引っ越してきて、様々な方がお店に立ち寄ってくださって、地元の人や他の街に住む私たちの友人たちが出会う場所になることもあって、それを見て自分たちが楽しんでいると、毎日が、きちんと1日1日あるんです。それを二宮の優しくゆとりのある空気が包んでくれています。

将来は、二宮でも、もう少しお山の方に住んで週末だけ開くお宿なんてやってみたい。なぁ。。と、妄想しているのは私だけですが。。笑。。そんな妄想も無限大な二宮生活、これからもめいいっぱい楽しんでいきたいと思います!どうぞよろしくお願いします。

旅花 岩瀬俊彦、黒田智子

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional