結婚したら二宮に住もう!

二宮で活動する人たち

二宮で活動する人たち

このページでは、二宮で様々な活動をしている人たちをご紹介しています。(最近、ここでご紹介する人たちがとても増えてきて、うれしい悲鳴です)

この町に移り住んで来た人たちが二宮をどんどん元気にしていく(2019年10月26日)

2年前に二宮に移り住んできたミュージシャンの竹内夏美さんが10月26日にラディアンのホールで開催された文化祭にバンドのメンバーと共に出演しました。
パワフルな歌声がホールいっぱいに響き渡っていました。間違いなく二宮に新しい風を吹かせている一人ですね。

画像の説明

竹内さんからこのサイトの「移住家族の声」に寄せていただいたメッセージはこちら→


シェアキッチンオープン記念マルシェ開催(10月27日)

先日ご紹介したお菓子づくり専用のシェアキッチンのオープンを記念してマルシェが開催されました。

画像の説明

お菓子づくり専用のシェアキッチンが二宮にできました

画像の説明

画像の説明

以前このサイトの「移住家族の声」にメッセージをお寄せいただいた方が、湘南で初めてのお菓子づくり専用のシェアキッチンを二宮で始めました。
趣味のお菓子作りをもう一歩前に進めてみませんか。

詳しくはこちらにお問い合わせください
湘南お菓子部ICHI 宮坂里沙子→ shonan_ichi@yahoo.co.jp

宮坂さんにいただいた「移住家族の声」メッセージ→


今度のビーチクリーン「うみぴか」は11月24日開催

海をきれいに!!
これは海を愛する人たちみんなの気持ち。
そんな活動にぜひ参加してみませんか? お待ちしていま~す。

画像の説明

日時 11月24日(日)10:00~11:00
場所 いつもの梅沢海岸


人権落語講演会(9月28日)

9月28日(土)にラディアンで、関西の落語家「桂花團治さん」による人権落語講演会が開催されました。
二宮にもつながりのある花團治師匠は、軽妙な語り口のお話と落語を取り混ぜて「人権」という難しいテーマを楽しく取り上げていただきました。

画像の説明

画像の説明
当日の様子


「チャイ処キング」が期間限定で営業

あの「チャイ処キング」が期間限定 9月11日(水)~13日(金)で営業します。
久しぶりですね。ぜひ行ってみましょう!!

お店の場所 南口栄通り商店街 「山田食堂」さんで営業
時間 11:30~14:00 17:30~20:00
今回のメニューはチキンカレーのみだそうです。

以前いただいた「移住家族の声」メッセージ→


4回目の「青空写真館」を開催した八幡さんのサイト「古民家はじめました」より

「マルシェたびくま」や「うらくま」会場ですっかり人気が定着した「青空写真館」。6月9日に4回目が開催されました。

画像の説明

八幡さんのサイト「古民家はじめました」>https://umimachi-kominka.tumblr.com/

3度目の一日写真館(5月6日)

大好評、八幡さんの一日写真館をもう一度(4月7日)

画像の説明

お正月に開催され大好評だったカメラマン八幡さんの一日写真館。大勢のみなさんのご希望に応えて4月7日、5月6日にも開催されました。
きっと4度目もあると思いますよ!!

日時 多分4度目は6月9日(日)11:00頃から   
会場 いつも「マルシェたびくま」が開催されるところ
料金 1ショット1コイン(500円)


蒸しパンの「だいちや」さんが毎月「みんなの朝市」にも出店中

画像の説明

二宮に移り住んで来られたお二人が、1年半をかけてリノベーションしたお店が2017年7月に開店。そのお店「だいちや」さんが、毎月「みんなの朝市」に出店されています。

画像の説明

画像の説明 画像の説明

「だいちや」さんのことは「移住家族の声」でもご紹介しています


二宮の新しい文化を作った「チャイ処キング」がいったんお休みになります

画像の説明

画像の説明

画像の説明

二宮に移り住んで来た人たちが中心になって古民家をリノベーションし、「ハジマリ」という空間ができました。
完成後もそのままにしておくのはもったいないと、そのメンバーの一人が、毎月1週間の期間限定で「チャイ処キング」と名付けられたお店の営業を続けてきました。
とても素晴らしい空間とおいしいお料理で大人気でしたが、2018年3月をもっていったんお休みにされました。

最近、移り住んで来た多くの人たちの手で新しい二宮の文化が創り出されつつあると感じています。その先駆けの一つでした。
またいつか再開の日を楽しみにしていま~す。(とし)

画像の説明


カメラマン八幡宏さんの一日写真館(1月2日)

画像の説明
画像の説明

二宮出身で、長く東京で仕事をしてきたカメラマンの八幡さん。2年ほど前から住まいを二宮に移してこちらでも活躍中。
その八幡さんが、お正月の2日に1日限りで写真館を開きました。
お天気にも恵まれて、大げさなセットを作るわけでもないし、八幡さんも飲みながら・・・。ワンコイン(500円)で1ポーズ。数カットの中から1枚選んで後でメールで送ってもらえる気軽な企画でした。
10:30のオープンを待ちかねたのように次から次へとお客さんが続いていましたね。また、次回の開催を楽しみにしていま~す。(とし)

日時:1月2日(水)10:30~15:00頃まで
会場:いつもマルシェたびくまが開催されているところで

画像の説明 画像の説明
画像の説明 画像の説明

画像の説明
以前ヤマシタさんで個展が開かれた時の写真の一つです

画像の説明
吾妻山で「結婚おめでとう!」を撮影中


「二宮農園」を手掛ける想い

画像の説明

植物は、動物と違い移動できない代わりに適応能力がとても優れています。風土や栽培者本人に合わせて自らを適応させていく能力が有ります。その環境で生き延び、その環境に適応した子孫を残そうとします。もしも過度に無理をさせれば生き残るために祖先帰りをしたり、生命力旺盛だけれども食べるに適さなくなったりします。不思議ですが、本当の事です。
続きはこちらからお読みください

連載中「どろんこLife」の筆者から

このサイトには「にのみや どろんこLife」というページがあります。二宮で独自のスタンスで「農」に取り組んでいる蔵門さん。
その蔵門さんにお願いして、ユニークな視点でのエッセイを連載中です。

画像の説明

「20代から、登山と渓流釣りで横浜と長野を往復する日々。それならばいっそ移住してしまえば交通費も浮くに違いない。「長野で田舎暮らしするぞ~!」の予定でした。が、しかし、これでもそこそこの都会育ち。まずは予備体験として「“ぷち田舎暮らし”から始めよう!」と、湘南の西の果てに移り住んだのが、どろんこLifeの始まりでした。あれから20年。まさか、町の今後のことを、道端で立ち話をするまでどっぷりと、にのみや町民になろうとは想像もしませんでした。」
続きはこちらから→

映画「カンタ!ティモール」~平和とは暮らしそのもの~上映会のお知らせ(2018年5月26日)

画像の説明

二宮に移り住んできてから、日々の暮らしが愛おしい。ちいさな町でしょっちゅう顔見知りとすれちがう。食材を分け合ったり、子どもを預けあったりもしょっちゅうだ。
いろいろ課題もあるけど、この町が好きなんだなぁが前提にあっていろいろ動いている人が多い気がしてる。






空き家のリノベーションに取り組んでいます

画像の説明

画像の説明

太平洋不動産店長の宮戸さんが積極的に取り組んでいる空き家のリノベーション。
「最近二宮が元気になってきたね」とよくいわれますが、その原動力の一つです。


「自分の住む町が魅力的であって欲しい」宮戸さんのメッセージはこちらからお読みいただけます

にのみや子ども自然塾

子ども達を豊かな自然の中でのびのび遊ばせようと活動されているみなさんがいらっしゃいます。
にのみや子ども自然塾」と名付けられ、東京大学果樹園跡地で開催されていますが、このたびホームページが開設されました。
ぜひご覧ください。

画像の説明
画像の説明
画像の説明

「にのみや子ども自然塾」のホームページはこちら


地域づくりフォーラムが開催されました(3月3日)

画像の説明

「地域ともっと繋がりたい」「地元をもっと盛り上げたい」「二宮で何かやってみたい」そんなことをお考えのみなさんにお集まりいただき、二宮出身で長野県飯島町で地域おこし協力隊の第一期生として活躍してきた木村彩香さんに、飯島町での様々な経験談や、それを踏まえて改めて感じている二宮町の可能性についてお話しいただきました。
続きはこちらから


カメラマン八幡宏さんの写真展(2018年1月16日~27日)

画像の説明

二宮ってホントにすごい人たちがいるんだな、といつも思います。
八幡さんはもともと二宮出身で、長く東京で仕事をしてきたカメラマン。1年ほど前、「生まれ育ったこの二宮に古民家を見つけたことが、そもそもの始まり」とのことで住まいを二宮に移されました。
今回のテーマは「古民家はじめました」。
今の二宮を象徴しているテーマですね。そして会場はあのヤマシタさん。


「古民家探検隊~古民家再生への道~」(12月17日)

画像の説明

築57年の古民家を再生させようというプロジェクトが始まっています。第1回目が実施されたあと、皆さんからいろいろな意見やアイデアが出されました。



このサイトにメッセージをお寄せいただいた方が二宮で小さな写真館を始められました

画像の説明

以前、「移住家族の声」のページにメッセージをお寄せいただいた方が、二宮で小さな写真館を始められました。(メッセージの続きはこちらからお読みいただけます)




「菜の花畑のニーノ」の制作者の方が紹介されています

画像の説明

二宮町が注目され始めたきっかけの一つが「菜の花畑のニーノ」ですが、もう一つ、東京・有楽町にある「ふるさと回帰支援センター」の存在も大きいのです。
そのセンターのサイトの「移住事例紹介」のページで「菜の花畑のニーノ」の制作者の方が詳しく紹介されています。


にのみやLOVERS~まちの魅力伝え隊~

画像の説明

二宮町の魅力を町内外へ発信するグループ「にのみやLOVERS~まちの魅力伝え隊~」が発足し、昨年11月5日に活動をスタートしました。子育て世代を中心に大勢のみなさんが集まり、行政と町民が協働してプロモーションの全国展開に取り組んでいます。
2017-1-20

「そんな仕事です。パン職人というのは」

画像の説明

「僕は33歳までパンを作ったことがなく、
この道に入ってもまだ5年と少し。
ちゃんとしたパン作りを学ばれたい方は、
他のパン屋さんをお勧めします。
ただ、新しい生き方、新しい日々の営み、
そういうところに、一歩踏み出せる、
一つの大きなキッカケにはなると思います。
2017-1-10


商工会青年部では創立50周年記念の花火大会を開催します

画像の説明

こんにちは!二宮町商工会青年部広報委員長の三好です。
2017年1月28日(土)18:00から、梅沢海岸にて青年部50周年記念花火大会「冬を彩る二宮花火 〜昼は菜の花、今夜は花火〜」を開催します。皆様のご来場、心よりお待ち致しております。
2016-12-30

「子供たちに夢を!小さな町から大きな想いを!」

画像の説明

われわれ二宮町商工会青年部では1年に一度子供や家族を主役としたふれあい広場イベント「こども職業体験」を開催しています。
(2016-9-17)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional