結婚したら二宮に住もう!

サイト運営メンバーから

「結婚したら二宮に住もう!」サイト運営メンバーから

サイト運営概要

日本にはいろいろな街(地域)があります。
新生活を始める一人暮らしの学生や新社会人の集まる地域、新婚カップルがとりあえず新しい居を構える地域、将来を考えて家族や子どもたちがゆとりある気持ちで安心して暮らしていける地域。その中で二宮町は三つ目の地域です。

画像の説明

二宮町の広報誌を担当されてきたYさんから(2020年4月10日)

2017年4月から3年間、二宮町役場で広報誌を担当されてきたYさんが4月の異動で他部署に移られ、そのYさんからメッセーシが届けられました。
このサイトでは二宮町の広報誌を「遠くにお住いの方にプレゼント」していますが、いつも受け取っていただいた方から「二宮の温かい雰囲気が伝わってきますね」とお褒めの言葉をいただいています。
Yさん、長い間お疲れ様でした。

<Yさんからのメッセージ>

画像の説明

 私は二宮町役場で「シティプロモーションの担当だった」Yです。
「だった」というのは、この4月1日付で人事異動となったためです。(涙)
 2001年の入庁以来、商工業・観光・廃棄物・子育て・社会福祉・都市計画と渡り歩き、様々な経験を積ませていただいてから、2017年4月に広報の担当となりました。
 広報担当といっても、広報紙の制作・発行、町ホームページなどの管理、あるいは国勢調査などの統計業務などと様々な業務があり、その一つに町の重要施策の1つとして数えられる「シティプロモーション」がありました。
 
 異動した時には、移住施策を戦略的に進めていくための「シティプロモーション戦略」が策定されたばかりで、私の役目としては、町のPRキャラクター「ニーノとミーヤ」をはじめ、この町が大好きな人「にのみやLOVERS」などの町民の皆さんと共に「ひたすら移住施策を前に進めること」でした。

 実は私自身も、2歳の時に横浜市から二宮町に引っ越してきた移住組です。
 横浜市での記憶はほとんどなく、「この町で生まれ育った」というより、「この町の温かい雰囲気や温かい人々に育てられた」という言葉がマッチします。
 たくさんの思い出が詰まったこの町に対して、私はとても強い思い入れがあり、今ではそんな町の仕事に携われて「幸せ者」の一言に尽きます。
 正直なところ、そんな私も学生の頃は「郡」「町」に住んでいるということに恥ずかしさを感じ、「市」に憧れをもっていました。
 でも、大人になった今、子育てをする身となって、また、私と同じ数だけ年をとった父母も同じ町内に暮らす中で、恥ずかしさなんて気持ちは全くなく、むしろ「この町に住んで良かった」と思うと同時に、親に対して「40年前、二宮町への移住を決めてくれてありがとう」と思うほど、「私にとってはとても魅力的な町」です。

 3年間、大好きな二宮町を宣伝する業務を担わせていただいたわけですが、移住セミナーや移住イベントなどでは当たり前のように「二宮町に住む魅力は何ですか」と質問されます。
 私は役場職員であると同時に住民でもあるわけですが、全国どこの行政でも、発信する内容に「信用性はある」ものの「信憑性には欠ける」のではないかと思っています。
 特に、人口減少・都市一極集中という課題に直面し、ICT技術の発達・普及がある中で、インターネット上には「移住」という言葉が並び、行政が人の取り合いをする時代になっている感も否めません。
 そうした中、この町のシティプロモーションの柱は「町民の生の声を届ける」という手法で、行政はできるだけ前に出ず、実際に移住された方を主とした町民の方々が移住相談などに応じるというものです。
 町民の生の声ですから、ネガティブなことについても包み隠さずお話しいただいているので、先ほどの「信用性」は「信憑性」へと化けていきます。もちろん、私たち行政職員も移住セミナーなどには随行し、各種制度などのご質問にはお答えさせていただきますし、役場へのお問い合わせやご訪問などがあった際には、このサイト管理者のTOSHIさんがキーマンとなって相談に応じるだけでなく、時には町中のご案内や実際に住民の方々と繋がっていただくなど、「たくさんの町民の方々と行政が連携している」と日々感じながら、取り組みを進めてくることができました。
 
 話しは戻り「二宮町の魅力」ですが、「魅力=移住の決め手」だと思います。従って、そのご判断は「相手→移住希望者」になります。
 私はこの町が大好きです。私にとっては、たくさんの魅力があふれた町です。
 「自然が豊か」という言葉を一つとっても、その豊かさ、ちょうど良さを決めるのは、人によって見方、捉え方は様々です。
 だから、あえてこの場で私が考えるたくさんの魅力はお伝えしませんが、一つだけお伝えしたい、お勧めしたいこの町の最大の魅力はというと、「この町に暮らす温かい町民」です。
 この魅力は、住んでみないとわからないことかもしれませんが、この町でのんびりと心穏やかに過ごす町民の皆さんがいるので、私はずっと住み続けたいと思いますし、この町に住んで良かったと思っています。
 移住を希望される方が、もし、二宮町を選択肢に入れていただけるのなら、ぜひ、お気軽にお問い合わせなどいただければ、温かい町民の方々や私が信頼する担当職員なども、親身になって相談に乗ってくれるはずです。

 あっという間の3年間、とても濃い3年間でした。
 その中で、たくさんの方々に出会え、共に過ごすことができたので、新しいこの町の魅力も発見でき、とても充実した時間を過ごすことができました。

 TOSHIさんは、私の父親世代です。
 そんなTOSHIさんから、ある時に教えていただきました。
 元アメリカ大統領のケネディ氏のお言葉です。
 「国が国民のために何ができるのかを問うのではなく、国民が国のために何ができるのかを問うて欲しい」
 私は、広報担当ではなくなりましたが、もちろん、違う部署にいっても「この町のため」にお仕事をさせていただきますが、ずっと住民であることに変わりありません。
 一住民として、私がこの町のためにできることを考えると、これからもこのシティプロモーションにずっと関わり続け、皆さんとともに「この町のお仲間づくり」のために住民の立場で声を届けていきたいと思っています。
(M・Y)  

初めての二宮町単独の移住相談会開催(2019年12月7日)

これまで3年間に十数回の神奈川県移住セミナー(有楽町・ふるさと回帰支援センターで開催)に参加してきましたが、今回は初めて二宮町単独の移住相談会を開催しました。
この日は遠く京都から相談に見えた方もいらっしゃいました。

画像の説明


今年度2回目の「移住セミナー」でした(2019年9月27日)

画像の説明

いつもの神奈川県移住セミナー。今回はKさんご夫妻とOさん、それに私の4人でした。
今回も後半の個別相談では6組ものご家族や個人の方がお話に来られ、なんと埼玉在住のAさんご家族は、そのわずか2日後(29日)にみなさんで二宮に来られたんですよ。びっくりです!!
写真だけだとなんだか前回とほとんど同じですね。(とし)


神奈川県移住セミナーで二宮をPRしてきました(2019年8月3日)

画像の説明

画像の説明

今年度もいつもの神奈川県移住セミナーが始まりました。
第1回目が8月3日(土)に有楽町・交通会館で開催され、Iさん、Yさん、Mさん、そして二宮町役場のYさん、Kさんと共に参加して二宮をPRしてきました。
来場された方の多くが事前に二宮に来られたり、調べられたりしていて、セミナーにいらっしゃる目的をお聞きすると「実際に移り住んだ方たちとお話がしたいから」とおっしゃる方が多いのにはびっくりでした。
この日、来場されたのは15組24名の方。そのうち6組の方が個別相談の時間に二宮町のブースに来られました。(とし)


サイト運営メンバーあやさんの活動をご紹介

このサイト運営メンバーの一人、あやさんは「にのみや子ども自然塾」のメンバーでもあり、「二宮農園」のメンバーでもあります。
そのあやさんが、5月28日に開催された「にのみや子ども自然塾・さとっこまつり」の会場で、二宮農園で収穫(みんなの協力をいただいて)した野菜を出店しました。
こんな風にいろいろな活動がつながっていくのはとても楽しみですね~。
2019-5-31(とし)

画像の説明


長い間ありがとうございました(2019年3月31日)

画像の説明

二宮町役場で、町外から二宮に移り住んで来たいとお考えの方たちに熱心に対応されてきたNさん(右の写真、黄色のポロシャツの方)が4月1日付けで異動になります。
何か月かに一度都内で開催される「神奈川県移住セミナー」にもいつもご一緒させていただき、私たちにとって有意義な経験になりました。
これからも別のお仕事で引き続き二宮町のためにご活躍ください。
長い間お世話になり、ありがとうございました。(とし)


今年度最後の「神奈川県移住セミナー」をお手伝いしてきました

東京周辺の都市部にお住まいで、神奈川県の自然豊かなエリアに移住をお考えの方が参加されるのが「神奈川県移住セミナー」(会場は有楽町の交通会館)。いつも大人気です。3月15日に今年度最後のセミナーが開催されました。

二宮町はいつも町民の立場から何人かがお手伝いに入っています。この日は何度も参加していただいているTさん以外に、初めて参加のWさん、Iさんにもお手伝いをお願いしました。いずれも何年か前に二宮に移り住んで来られた方たちです。

いつもそうですが、実際に移り住んで来られた方たちのお話しは「共感度」がとても高く、この日も9組の方が後半の個別相談に立ち寄られました。

画像の説明

画像の説明 画像の説明


神奈川県移住セミナー(2018年11月9日)でお手伝いしてきました

画像の説明

画像の説明

「神奈川県移住セミナー」には、首都圏の都会に住むみなさんがいらっしゃるのですが、都心から1時間ほどでこんな自然豊かで、ゆったりした生活ができるところがあるんだ、と改めて驚かれます。そして二宮町は、実際に最近移り住んで来られたみなさんから直に体験談を聞けるというのでいつも大人気です。
今回は、ちょうど1年前にお客さんの席でお話を聞かれ、その3か月後には二宮に移り住んで来られたMさんご家族に、そしてお手伝いがもう5回目にもなるKさんにご協力いただき、来場されたみなさんにいろいろなお話をしていただきました。
ありがとうございました。(とし)

ふるさと回帰支援センターのホームページはこちら

二宮町の広報誌10月号で紹介されています

2018年9月25日発行の町の広報誌最終ページで移住フェアの様子が紹介されています。

画像の説明

全国規模の移住フェアをお手伝いしてきました

今年(2018年)も9月9日(日)に有楽町・国際フォーラムのイベントホールで大規模な移住フェアが開催されました。
二宮町は昨年に引き続き今年も参加。会場に「二宮町」のブースを設け、最近二宮に移り住んで来られた3人の方(Kさんご夫妻、Mさん)と、このサイトの運営メンバーがお手伝いしてきました。

二宮のブースにご相談に来られた方は27組。昨年に比べてとても中身の濃いお話(質問)が多かったように思います。
さっそく次の週の週末には二宮を訪れて改めてゆっくりお話をしたいというご希望の方もいらっしゃいました。

Kさん、Mさん、ありがとうございました。(とし)

画像の説明

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明

画像の説明

画像の説明

主催者のホームページはこちら


今年2回目の神奈川県移住セミナー(2018年3月2日)

都内や東京近郊にお住まいの方にとって、神奈川県は「移住」というより「ちょっとお引越し」ですよね。このセミナーでいらっしゃった方々とお話しするたびにそう思います。
でも都会の真ん中にお住まいの方にとって、実際に二宮に足を運ばれた方が異口同音におっしゃるのは「都会とは違った速さてゆったり時間が過ぎていく心地よいところ」だそうです。「東京からわずか1時間なのに・・・」
今回も最近二宮に移り住んで来られたみなさんのご協力をいただきながらお手伝いしてきました。みなさんありがとうございました~。(とし)

画像の説明


今年第1回目の神奈川県移住セミナー(2018年1月19日)

東京・有楽町の交通会館にある「ふるさと回帰支援センター」で開催されている「神奈川県移住セミナー」の今年第1回目が1月19日(金)に開催されました。
毎回熱心な参加者のみなさんが多く、少しでも参考になるお話ができればと、このサイトの運営メンバーや最近二宮に移り住んで来られた方たちが応援に駆け付けています。
神奈川県に移住をお考えの方は、次回3月2日(金)にぜひ参加ください。お待ちしています。


「神奈川県移住セミナー」(計9回)への参加を振返って

画像の説明

神奈川県とNPO「ふるさと回帰支援センター」が主催する「神奈川県移住セミナー」は東京・有楽町でこれまで9回開催され(2016年1月から2017年11月まで)二宮町は毎回積極的に参加してきました。
「結婚したら二宮に住もう!」サイトの運営メンバーも二宮町の職員の人たちと毎回参加。そしてこのサイトの「移住家族の声」にメッセージをいただいたたくさんの皆さんにもご協力いただいてきました。

セミナーでは複数の市や町がそれぞれの自治体のご紹介をします。ふつうはパワーポイントで説明されるのですが、二宮町だけは最近移り住んで来られた何人かの人たちと短時間のトークセッションをし、生の声を聴いていただくスタイルで続けてきました。
それが来場者の方々には親近感を持っていただけるようで、その後に行われる個別相談会では毎回二宮町は大人気となっています。

このセミナーには、東京やその近郊にお住まいで、神奈川県に移り住むことをお考えの方たちが会場にいらっしゃいますが、みなさん、移住というよりちょっとお引越しという感じですね。

11月2日に開催された第9回目も5組の皆さんが個別相談にいらっしゃいました(この日は最近二宮に移り住んで来られたOさん、Kさんにご協力いただきました。ありがとうございました)。中には、この「結婚したら二宮に住もう!」の「移住家族の声」のページはすべてお読みになり、二宮に移住をお決めになっておいでになったご家族もいらっしゃいました。

個別相談の場でいろいろなお話しさせていただくことは、このサイトから発信させていただく情報を考えるのにとても役立っています。
これからもお手伝いを続けて行きたいと思っています。
そしていつもご協力いただいている「移住家族の声」にメッセージをいただいているみなさん、これからもよろしくお願いします。(とし)

「結婚したら二宮に住もう!」このサイトの運営

私たち「新しい二宮・イメージづくりプロジェクト」のメンバーは多くの若い世代のみなさんに二宮に移り住んできていただき、将来に向けて一緒に素晴らしい町づくりをしていきたいと考え、活動をしています。

画像の説明


<運営メンバーのご紹介>

みわこさん

画像の説明

二宮町にはことばがあふれています。
「おはよう」「いってらっしゃい」「いってきます」「おかえり」「ただいま」。
家族じゃなくても、すれ違った人と交わす短いことばが町の中にちらほら。
短いことばに、優しさとあたたかさがつまっていて、きゅうんとしてしまいます。
そんなことばに守られながら、こどもたちも、私たち夫婦もここで育っています。






あやさん

画像の説明

二宮が好きだー!
…っていうより、だんだん好きになってます(笑)
二宮って、そんなとこです♪
住んだらわかるよ。
子育てしてみたらわかるよ。
あなたも二宮町民にならないかぁ~(゚Д゚)ノ

ただいま、子育て真っ最中!!



とし

とし.png

31歳の時に横浜から引っ越してきました。海と山と緑があって大好きな町です。横浜で仕事をしていますが、休日は箱根や伊豆へ出かけることも多いですよ。何といってもこのゆったりした町の雰囲気がいいですね。
自分が移り住んで来た時の気持ちを忘れずに、いつまでもこの活動を進めて行きたいと思っています。

としの書き物


サポートメンバーをご紹介します

サイト開設以来サポートを続けていただいているメンバーをご紹介します。

りつこさん

画像の説明

住んでて良かった町二宮
と一人でも多くの方が思えるよう
微力ながらお力添えできればと思います。
あなたのお気に入りの町として
ぜひ二宮を仲間入りさせてください。





ひろみさん

画像の説明

横浜開港記念行事Y150で、としさんと出会いました。
私は生まれも育ちも横浜で、田舎(ふるさと)がないので、いつか二宮に移住できたら・・・と思っています。
ホームページのお手伝いを通じて、二宮の方々とお話ししたり、ときおり二宮を訪れることで、田舎のない私にとって二宮は第二のふるさとであり、夢の移住地でもあり、電車で片道1時間で行かれる癒しの地=サンクチュアリです。
素敵な二宮との出会いに感謝してます!

あつこさんからのメッセージ

このサイトの立ち上げから一緒に活動を続けてきた「あつこさん」がしばらくお休みすることになりました。
あつこさんからのメッセージをご紹介します。
(2015年3月26日)


結婚したら二宮に住もう!お問い合わせは、こちらから

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional