結婚したら二宮に住もう!

サイト運営メンバーから

「結婚したら二宮に住もう!」サイト運営メンバーから

サイト運営概要

日本にはいろいろな街(地域)があります。
新生活を始める一人暮らしの学生や新社会人の集まる地域、新婚カップルがとりあえず新しい居を構える地域、将来を考えて家族や子どもたちがゆとりある気持ちで安心して暮らしていける地域。その中で二宮町は三つ目の地域です。

画像の説明

鋸南町(きょなんまち)訪問レポート(6月12日)

画像の説明

二宮の様々な情報をご紹介をすることを通じて、都会に住むたくさんの人たちに二宮に移り住んできてほしいと考えこのサイトを運営していますが、ほかにも同じような活動をしている自治体や活動団体がたくさんあります。そういった人たちとお話をして、改めて二宮の良さを再確認したいと考えています。

昨年は長野県飯島町を訪れたのですが、今年は千葉県の南部に位置する鋸南町を訪ねてきました。人口は二宮町の1/3、面積は5倍です。

画像の説明

当初、鋸南町の方だけの予定でしたが、鋸南町から隣接する自治体にも声をかけていただき、結局、鋸南町役場の方、去年からそこで地域おこし協力隊として活躍している方のほか、隣接する南房総市と館山市の職員の方、館山で民間の立場で活動されている方、館山にある千葉県の地域振興事務所の方にもお集まりいただき貴重な機会になりました。
その中で最も面積の大きい南房総市は230平方キロと、なんと二宮の25倍もあるのです。
やはりそれぞれの地域によって、単に環境だけではなく、人々の暮らし方や考え方が違うんだということに改めて気づきました。これからの二宮での活動に活かしていきたいと思っています。(とし)

これは鋸南町で活動している地域おこし協力隊の方が情報発信しているブログです。
画像の説明
https://inaka.arukikata.com/chiba/minamiboso/blog/chiba_minamiboso_04/

今年2回目の神奈川県移住セミナー(3月2日)

都内や東京近郊にお住まいの方にとって、神奈川県は「移住」というより「ちょっとお引越し」ですよね。このセミナーでいらっしゃった方々とお話しするたびにそう思います。
でも都会の真ん中にお住まいの方にとって、実際に二宮に足を運ばれた方が異口同音におっしゃるのは「都会とは違った速さてゆったり時間が過ぎていく心地よいところ」だそうです。「東京からわずか1時間なのに・・・」
今回も最近二宮に移り住んで来られたみなさんのご協力をいただきながらお手伝いしてきました。みなさんありがとうございました~。(とし)

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明


今年第1回目の神奈川県移住セミナー(1月19日)

東京・有楽町の交通会館にある「ふるさと回帰支援センター」で開催されている「神奈川県移住セミナー」の今年第1回目が1月19日(金)に開催されました。
毎回熱心な参加者のみなさんが多く、少しでも参考になるお話ができればと、このサイトの運営メンバーや最近二宮に移り住んで来られた方たちが応援に駆け付けています。
神奈川県に移住をお考えの方は、次回3月2日(金)にぜひ参加ください。お待ちしています。

詳しくはこちら

画像の説明

画像の説明


「神奈川県移住セミナー」(計9回)への参加を振返って

画像の説明

神奈川県とNPO「ふるさと回帰支援センター」が主催する「神奈川県移住セミナー」は東京・有楽町でこれまで9回開催され(2016年1月から2017年11月まで)二宮町は毎回積極的に参加してきました。
「結婚したら二宮に住もう!」サイトの運営メンバーも二宮町の職員の人たちと毎回参加。そしてこのサイトの「移住家族の声」にメッセージをいただいたたくさんの皆さんにもご協力いただいてきました。

セミナーでは複数の市や町がそれぞれの自治体のご紹介をします。ふつうはパワーポイントで説明されるのですが、二宮町だけは最近移り住んで来られた何人かの人たちと短時間のトークセッションをし、生の声を聴いていただくスタイルで続けてきました。
それが来場者の方々には親近感を持っていただけるようで、その後に行われる個別相談会では毎回二宮町は大人気となっています。

このセミナーには、東京やその近郊にお住まいで、神奈川県に移り住むことをお考えの方たちが会場にいらっしゃいますが、みなさん、移住というよりちょっとお引越しという感じですね。

11月2日に開催された第9回目も5組の皆さんが個別相談にいらっしゃいました(この日は最近二宮に移り住んで来られたOさん、Kさんにご協力いただきました。ありがとうございました)。中には、この「結婚したら二宮に住もう!」の「移住家族の声」のページはすべてお読みになり、二宮に移住をお決めになっておいでになったご家族もいらっしゃいました。

個別相談の場でいろいろなお話しさせていただくことは、このサイトから発信させていただく情報を考えるのにとても役立っています。
これからもお手伝いを続けて行きたいと思っています。
そしていつもご協力いただいている「移住家族の声」にメッセージをいただいているみなさん、これからもよろしくお願いします。(とし)

「結婚したら二宮に住もう!」このサイトの運営

私たち「新しい二宮・イメージづくりプロジェクト」のメンバーは多くの若い世代のみなさんに二宮に移り住んできていただき、将来に向けて一緒に素晴らしい町づくりをしていきたいと考え、活動をしています。

画像の説明


<運営メンバーのご紹介>

みわこさん

画像の説明

二宮町にはことばがあふれています。
「おはよう」「いってらっしゃい」「いってきます」「おかえり」「ただいま」。
家族じゃなくても、すれ違った人と交わす短いことばが町の中にちらほら。
短いことばに、優しさとあたたかさがつまっていて、きゅうんとしてしまいます。
そんなことばに守られながら、こどもたちも、私たち夫婦もここで育っています。

*2017年10月から新たにメンバーに加わっていただいたみわこさんです。よろしくお願いします。(とし)



じゅんこさん

画像の説明

海のそばで暮らしたい、そんな思いで二宮に移り住んだ主人の父。私達も自然に二宮に引っ越してまいりました。
何年も経って今、気づいています。
自然体で暮らせる場所。
都心では得られない開放感。
海の香りと山の恵み、温暖な気候、心も体もやわらかく住める場所です。




あやさん

画像の説明

二宮が好きだー!
…っていうより、だんだん好きになってます(笑)
二宮って、そんなとこです♪
住んだらわかるよ。
子育てしてみたらわかるよ。
あなたも二宮町民にならないかぁ~(゚Д゚)ノ

さりゅさん

画像の説明

結婚をしてから二宮町に住むことになって6年が経ちました。
ただいま、子育て真っ最中!!
子どもと散歩していると、一人じゃわからなかったなにげない鳥のさえずりや、遠くから来るヘリコプターの音。見る景色も全然違って・・・(最近は川で見つけたシラサギに毎日声をかけるのが日課です)
町の人たちとのふれあいの中で、子どもはそこで得る発見や経験を自分の感性につなげようとしています。
町全体が、親子を大きくさせてくれて、優しく包み込んでくれる・・・二宮町のあったかいところ、みなさんに伝えられたらなと思います。



とし

とし.png

31歳の時に横浜から引っ越してきました。海と山と緑があって大好きな町です。横浜で仕事をしていますが、休日は箱根や伊豆へ出かけることも多いですよ。何といってもこのゆったりした町の雰囲気がいいですね。
自分が移り住んで来た時の気持ちを忘れずに、いつまでもこの活動を進めて行きたいと思っています。

としの書き物


サポートメンバーをご紹介します

サイト開設以来サポートを続けていただいているメンバーをご紹介します。

りつこさん

画像の説明

住んでて良かった町二宮
と一人でも多くの方が思えるよう
微力ながらお力添えできればと思います。
あなたのお気に入りの町として
ぜひ二宮を仲間入りさせてください。





ひろみさん

画像の説明

横浜開港記念行事Y150で、としさんと出会いました。
私は生まれも育ちも横浜で、田舎(ふるさと)がないので、いつか二宮に移住できたら・・・と思っています。
ホームページのお手伝いを通じて、二宮の方々とお話ししたり、ときおり二宮を訪れることで、田舎のない私にとって二宮は第二のふるさとであり、夢の移住地でもあり、電車で片道1時間で行かれる癒しの地=サンクチュアリです。
素敵な二宮との出会いに感謝してます!

あつこさんからのメッセージ

このサイトの立ち上げから一緒に活動を続けてきた「あつこさん」がしばらくお休みすることになりました。
あつこさんからのメッセージをご紹介します。
(2015年3月26日)


結婚したら二宮に住もう!お問い合わせは、こちらから

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional