結婚したら二宮に住もう!

vol.18 子どもたちと朝市に出店しています

vol.18 子どもたちと朝市に出店しています

画像の説明

私は二宮町にある特別養護老人ホームのメゾン・二宮で介護福祉士として働いております。
二宮町から近い平塚市に住んでおり、二宮の職場まで約15年通ってまいりました。
仕事柄、二宮の方々と関わることが多いものの、“二宮町”を考えたことは殆どありませんでした。

ある日、私どもの施設の提案で、「老人ホームの食事を地域の皆様に食べて頂き、老人ホームの食事は“美味しくない”というイメージを払拭したい」という想いで、ラディアンで開催されている「みんなの朝市」に出店することになりました。

当初は施設の宣伝も兼ねて行っておりましたが、地域の皆様方と世間話しをしたり、違う出店者の方々と交流が増えるにつれ、現在は宣伝のことなんか忘れて、楽しみながら朝市に参加しております。この朝市はローカル感満載、何とも言えない落ち着いた雰囲気で、地元の方々の温かさが漂っていると思います。イメージ的には“昔ながらの商店街”といったところでしょうか。
行かれたことがない方は是非その雰囲気を体験して頂きたいと思います。早起きは何か得をすると思いますよ。

その朝市に私の息子(小学3年生)も店長として店頭に立たせておりますが、この朝市が大好きで、開催日の毎月第1日曜は朝3時に起きてお手伝いをしてくれています。普段なら考えられませんが(笑)
他の職員の子供も参加すると、どの子も店番がしたいと言ってお手伝いをしてくれています。
店番の様子を見ていると地域の皆様から「偉いねぇ」「朝から頑張っているねぇ」「ありがとう」と沢山の声をいただき、本人たちもやりがいが出てきているのでしょう。
内気だった子も自然と笑顔で挨拶する姿も見られます。「朝市」で色々なことを学ばさせてもらっています。この場をお借りして地域の皆様にお礼申し上げます。

子供たちも普段の生活で大人と会話する機会が減ってきております。二宮町は他の地域と比べると子供と大人との距離も近いところにあるのではないでしょうか。
本当に皆様が言うように「良い意味で何もない」という昔ながらの雰囲気で、大人が子供を見守りできる環境にあるのだと思います。地域と自然の中で子供が豊かに成長してくれます。
現に私の友人も高校生の時は「二宮は西友しかねぇ」(笑)と言っていましたが、結婚して自分の子供が出来ても二宮町で生活している友人がほとんどです。とても住みやすい環境なんですね。

現在は平塚から二宮を往復する毎日ですが、二宮町の良さはよ~く分かります。
「地域の方々の温かみある人柄」「海・山といった自然環境」「子供の教育環境」
“な~んにもない”=“パーフェクト環境”なのかもしれませんね。
私が言うのもなんですが、二宮町に住みたくなってきているんです。

最後に、
介護のご相談は二宮町にあります「メゾン・二宮」までご連絡ください(笑)

佐野 春樹

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional